Vラインのお手入れ方法

最近、念願の彼氏が出来たこともあり、Vライン脱毛を意識する様になりました。
そこでVラインの人気の形を調べたり、実際に処理してみたんです。

 

Vライン処理は初めてだったし、とてもデリケートな部分なのもあって最初は不安でした。
今まで、ショーツからはみ出そうな部分をカットしたことはあったのですが、
カットの仕方が難しかったです。
長さやその後の処理をどうしたらよいかわからなからなくて。
カミソリで剃っていまえば早いのかもしれない!とも思ったのですが、
カミソリ負けになって大変だった。という話を聞いた事があります。
その他にもブラジリアンワックス脱毛なんてものもあるらしく、
安全にキレイなVラインをゲットするために、
Vラインの自己処理方法について調べてみました。

 

 

 

剃り方

ムダ毛処理といえば、まずカミソリで剃る事を思い浮かべるはずですね、私も腕や足の毛は何度も剃った経験がありますから。
Vラインの毛を剃る時に注意しなくてはいけないのは、カミソリ負けをしてしまうこと。
剃るという行為は肌に負担をかけてしまうし、炎症などを引き起こしてしまうため後々面倒も多い事になります。
毛を剃った後は肌も乾燥しやすいため強い痒みを感じたり腫れたりする事もありますし、
さらに時間が経つとすぐに生えてきた毛のせいでチクチクしてしまいます。
かゆいのはなかなか我慢できないのでかなり負担になりそうですね。
この様にデメリットが多いと感じる方法なので、できればカミソリでVラインの毛を剃ってしまうことはおすすめできません。
個人的にVラインの処理で最もオススメできる方法はエステやクリニックで間引きをしてもらう方法かも知れません。
これは見た目も自然でキレイに見せることが可能になるし、剃るのとは違った安心感があるからです。

 

Vライン ヒートカッター

ヒートカッターは陰毛を焼いて処理するためチクチクしないし、仕上がりも自然なイメージがあります。
前に友人から陰毛処理にはライターで焼くといい、なんて話を聞いた事がありますが、それと一緒ですね。
ただライターだと素人ですから失敗する事も多く思う様な処理ができない場合があるそうです。
そんな人にはヒートカッターはいいかも知れません。
もちろん使い方に注意も必要ですが、カミソリで剃ったり毛抜きで抜く場合に起こる肌トラブルを防ぐことが可能です。

 

Vライン トリマー

Vライントリマーは人気の商品のひとつです。
陰部の毛を形よく整え、ヒートカットにより毛先を丸くしチクチク感を出しません。
これによりVラインの毛のはみ出しやつき出しを防ぐことが可能です。

 

中でも人気の高い商品といえば、ラヴィアというVライントリマーです。
使い方も簡単で電池式、コンパクトで持ち運び可能だしはじめての人でも安心して気軽にVラインを処理が可能なのです。
もうひとつおすすめはフローラのVライントリマーです。こちらも充電式なので持ち運びができ気軽にどこでも使用が可能です。
他にもトリマー、Vラインシェーバーなど色々と種類があり使い方も自由に選べるので
たくさんのものを参考にしてみるといいかも知れません。
迷ったら上のふたつに絞っていいでしょう!

 

脱毛クリーム

脱毛クリームは現在いろいろな種類が販売されていますね。
ネット通販で調べるとどれにすればいいのか全くわかりませんよね!笑
実際これから脱毛クリームを使用したいと考えているならまずは処理方法や効果について知っておくといいでしょう。
脱毛クリームは正確には除毛クリームなので毛を抜くのではなく、毛を溶かして取り除くといった事になります。
手っ取り早く広範囲の処理ができるので便利な方法のひとつではありますね。
効果についてもカミソリで剃るよりも毛穴が目立たなくつるつるになりますがこれは個人差があり、手足などとVラインでは差も大きいです。
たとえ一時的に毛はなくなっても長い時間もちません。結局毛はまた生えてきてしまうのです。
なのでこの方法はあくまで応急処置的な感覚で考えるといいかも知れません。

 

除毛クリーム

Vライン処理でおすすめの除毛クリームといえば「veet 除毛クリーム」です!
ヴィートの除毛クリームは塗って数分待ってスポンジで洗い流すだけ。
簡単なのにしっかりと除毛ができるから人気も高く売れています。
また除毛クリーム特有のイヤな臭いがありません。結構剛毛な方でもしっかりときれいになったと口コミでも評判です。
もうひとつは「veet脱毛シート」
こちらも口コミではびっくりするほどムダ毛がキレイに取れた!と高い評価です。
いずれにしても自己処理後は肌への保湿を意識した十分なケアが必要です。

 

 

まとめ

Vラインは女性にとって、とっても大事な部分。
意外と多くの女性が自己処理で失敗し目も当てられない結果を一度は体験しているのが現状でしょう。
そうはならない為にも、またかかる時間と手間、処理後の満足度などを比べると私ならエステにいって脱毛!という結果になりました。
体全体のムダ毛に比べvラインはデリケートだからこそ最新の注意と適切な処理が必要になってきます。
Vラインは自己処理では危険や失敗が多いことは目に見えているので専門のサロンやクリニックでやってもらうのが1番です。